ちょい若おやじの映画と読書の記録

映画と読書の記録をマイペースに更新しています。コメント・リンク・TB原則フリー&大歓迎!詳細はコチラをご覧ください。
"Words can't describe how it feels flying through an aurora. I wouldn't even know where to begin..."

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理人あいさつ 2014.9.11更新

2014.07.20 (Sun)
管理人あいさつ
訪問ありがとうございます。
当ブログはひたすらに映画と書籍についての、管理人ちょい若おやじの独断と偏見によるレビュー件記録になっています。
当ブログから得るものは少ないかもしれませんが、もしかしたら、映画や書籍を独り鑑賞した後、他者がどんな意見をしているか気になることもあるかもしれません。
そのようなときに、ふと「ああ、ちょい若おやじは何て言ってんだろう?」とか「そもそもあいつはこの映画(書籍)を観ているんだろうか?」とか「ああ、観ていないけどついでに他の記事でも読んでみるか。」とか、 そんなふうに当ブログを眺めてもらえれば幸甚です。

当ブログの目的
当ブログの目的・構成を管理人の紹介も併せて少し。
目的は、大好きな映画と本の備忘録+野ざらし
せっかく書くなら、世にさらしてみよう、というモチベーションを用意すれば、継続するかな、という安易な狙い。

「ちょい若おやじ」と題しているのは、実年齢の割には老けてると言われることにあるが、もう1つは、本当に、実年齢が「おやじ」と化したときに、本物の良質な「おやじ」になるための若いうちでの積み重ねの記録をしたいからである。
私にとって、映画や本はその「おやじ」像、生き方を形成してきた/していく日々の営みであり、その記録をやっていきたい。



              管理人あいさつ
Words can't describe how it feels flying through an aurora. I wouldn't even know where to begin...
オーロラの中を飛んでいる感覚は言葉では表現できない。どこから始まっているのかさえわからない・・・

ブログヘッダーに引用させていただいているこの言葉は、欧州宇宙機関(ESA)のアレクサンダー・ガースト Alexander Gerst 宇宙飛行士が2014年8月29日、国際宇宙ステーション(ISS)より上の画像とともに、同氏のtwitterに投稿した文章である。
参考記事:ナショジオ「オーロラの上を飛ぶ」2014.9.10

どこから始まっているのかさえわからない・・・
管理人は常々、自己と他者の境界、国境、男と女、様々な境界には、文字通り「境」「隔たり」があるのではなく、互いに溶け合うような、そんな感覚に魅かれてきた。
「良い」も「悪い」もそんなものはあくまで相対的なものさしで測っただけ。
あくまで、感じることは人それぞれなのである。
あくまで、ちょい若おやじが何を感じて何を思ったのかの蓄積であることを最初に了解していただきたい。
そして、当ブログに足を運んでくださったすべての読者の皆様それぞれに感じることがあって、そしてすべてが正解でも不正解でもない、そう思っている。
管理人ちょい若おやじにとっては、皆様から寄せられたコメント、ブログ拍手、足跡に至るすべての営みがかけがえのない財産であり、それらを含んでの、溶け合っての「ちょい若おやじの映画と読書の記録」なのである。
1つの映画や書籍を通して、年齢も性別も時代も地域も超えて、語り合えたら素敵じゃないでしょうか???
                                  2014年9月11日追加 ちょい若おやじ


当ブログの構成
当ブログの構成として、
 映画レビュー
 書籍レビュー
の2点となっています。
それにあたって、基本的な各記事のルールを書いておきますので、これを参考に各記事を眺めていただければよいのではないでしょうか。

映画レビュー
①映画の基本情報[説明]公開日、上映時間、監督、脚本、出演、音楽
 *適宜、付け加える項目もあると思います。
②あらすじ[あらまし]
 管理人が自分自身で書きますが、疲労度によってサボる可能性を多分に含んでいます。
 レビューを重きにおいているので、目をつぶってくださ い。
 著作権法についてもう少しお勉強したならば、
 リンクを貼るなどして引用することもでてくるかもしれません。
③レビュー
 管理人が感じたことをアウトプットする場です。
 拙い文章ですが、管理人ちょい若おやじとしての視点を盛り込んだものに
 なっているはずです…。

書籍レビュー
①基本情報[説明]
 出版年、出版社、著者
の順で構成します。
②レビュー
 映画レビュー同様です。

サイトマップ
【左サイドメニュー】
[時計]
埋め込み時計です。
[目次]
これより、各記事へと移動してください。
 ・管理人あいさつ    当ブログについての説明となっています。
 ・映画(邦画)      制作国日本である映画で、今のところ全国のどこかの映画館で上
               映されたものとします。
 ・映画(外国)      制作国が日本以外で、今のところ全国のどこかの映画館で上映さ
               れたものとします。
 ・書籍          一般に出版されたものが基本となりますが、学術論文の類も入る
               かもしれません。
 ・未分類         これは今のところ使う予定はありません。
[プロフィール]
管理人について少し自己紹介を載せています。
[最新記事]
気ままに更新した記事が最新順に5件まで載っています。
[全記事一覧]
これまでの記事の一覧です。まだまだ数が少ないことが露呈する状態ですね・・・。
[最新コメント]
コメントをいただいた記事が載ります。
[月別アーカイブス]
月別に更新した記事を探すことができます。長く続けば、その時期の様相も見て取れるかも…。

【右サイドメニュー】
[検索フォーム]
全記事から書いてある文字列を検索してくれます。
[訪問者数]
これまでに訪問してくれた方の人数です。
[RSSリンクの表示]
最新記事、最新コメントのRSSリンクを表示します。
[ブロとも申請フォーム]
マイペースに更新していますが、お付き合いしていただける方がいれば、よろしくお願いします。
[リンク]
管理人が拝見させていただいているブログの一覧です。

リンク・トラックバックについて
当ブログは原則リンク・トラックバックフリーです。
リンクやトラックバックをしていただけることは大変ありがたいことです。
ただし、コメント、トラックバック、リンクについていくつかの注意事項のみ、以下に記載しておきます。

コメントについては、
基本的に、誹謗中傷や宣伝目的以外であれば、原則削除はいたしません。
ありがたく拝見させていただきます。
その他、ブログ運営の妨げとなるものであると判断した際には新たに条件を付けて削除させていただきます。
記事に対する感想やその記事元(映画や書籍)に対するコメントは大歓迎です。

トラックバックについては、一応、「管理人による承認or削除」の期間をいただきます。
内容うんぬんではなく、使用目的が悪質な場合のみ削除をすることはあります。
悪質な場合とは、以下の3点とします。
①自ブログの宣伝利用のみ(同じ映画や書籍などの関連性のある事柄であれば、
  宣伝でも全く問題ありません。)
②関連性がないと判断できる使用(具体的に関連する記事が自ブログにない場合は、
  なぜ関連しているのかを明示してください)
③その他 上記2点以外でも、管理人の裁量によって、削除の可能性はあります

リンクについては、原則フリーです。
また、バナーなどは今のところ作っていないのですが、必要に応じて、後々作成することもあると思います。
現時点では、当ブログのリンクとしては、以下をお使いください。
 
 ブログ名:ちょい若おやじの映画と読書の記録
 ブログURL:http://tyoiwakaoyaji.blog.fc2.com/

また、御自身のブログ内においてリンクを貼る際には、わざわざこちらにコメントや了承を得るようなことは一切しなくて結構です。また、連絡していただいても結構です。それはそれで嬉しかったりもするかと思います。
スポンサーサイト

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。