ちょい若おやじの映画と読書の記録

映画と読書の記録をマイペースに更新しています。コメント・リンク・TB原則フリー&大歓迎!詳細はコチラをご覧ください。
"Words can't describe how it feels flying through an aurora. I wouldn't even know where to begin..."

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問者数1000名突破所感及び“tyoiwakaoyaji”

2014.10.06 (Mon)
訪問者数100名到達!の記事を書いたのが8月2日のことだった。
あれから、2か月あまりが経過したが、何か変わったことはあったのだろうか???

まず、一番に感じることは、訪問者の方のおかげでこのブログが続けられていること。
駄文、長文で独りよがりの当ブログ記事を眺めてくれる方がいる、その事実がどれだけありがたいことか。
本当に、ありがとうございます。そしてこれからも当ブログをよろしくお願いします。


管理人あいさつ 2014.9.11更新の更新内容部分から引用する。


              管理人あいさつ
Words can't describe how it feels flying through an aurora. I wouldn't even know where to begin...
オーロラの中を飛んでいる感覚は言葉では表現できない。どこから始まっているのかさえわからない・・・

ブログヘッダーに引用させていただいているこの言葉は、欧州宇宙機関(ESA)のアレクサンダー・ガースト Alexander Gerst 宇宙飛行士が2014年8月29日、国際宇宙ステーション(ISS)より上の画像とともに、同氏のtwitterに投稿した文章である。
参考記事:ナショジオ「オーロラの上を飛ぶ」2014.9.10

どこから始まっているのかさえわからない・・・
管理人は常々、自己と他者の境界、国境、男と女、様々な境界には、文字通り「境」「隔たり」があるのではなく、互いに溶け合うような、そんな感覚に魅かれてきた。
「良い」も「悪い」もそんなものはあくまで相対的なものさしで測っただけ。
あくまで、感じることは人それぞれなのである。
あくまで、ちょい若おやじが何を感じて何を思ったのかの蓄積であることを最初に了解していただきたい。
そして、当ブログに足を運んでくださったすべての読者の皆様それぞれに感じることがあって、そしてすべてが正解でも不正解でもない、そう思っている。
管理人ちょい若おやじにとっては、皆様から寄せられたコメント、ブログ拍手、足跡に至るすべての営みがかけがえのない財産であり、それらを含んでの、溶け合っての「ちょい若おやじの映画と読書の記録」なのである。
1つの映画や書籍を通して、年齢も性別も時代も地域も超えて、語り合えたら素敵じゃないでしょうか???
                                  2014年9月11日追加 ちょい若おやじ


この2か月あまりで、色々な方からのアクセス・足跡も増え、更にはコメントを頂く機会も格段に増えた。
訪問者の方が増えること、そして拍手ボタンを押してくれる数が増えること、それだけで当ブログを運営する大きなモチベーションになっている。
そして、管理人が感じ得ない視点や見解と沢山出会うことで、
「なるほど、こんな見方もあるのか」
と学ばせて頂くことが、どれだけ楽しく、面白く、そしてありがたく感じることか。

「管理人の備忘録」が当ブログの目的であり、そのスタンスは相変わらずだけれど、
これまで応援してくださった訪問者の方々、そしてこれから応援してくださる方々、これからもよろしくお願いいたします。
また、「10000名突破」の時にどうなっているのか、見守っていただけたら幸いです。

追記 “tyoiwakaoyaji”というブログURLについて。
お気づきの方もいらっしゃるかもしれないが、実はこの表記はヘボン式ローマ字表記ではない。
ヘボン式では「ちょ=cho」
当ブログの「ちょ=tyo」とする表記は、訓令式と呼ばれる表記方法を採用している。
深い意味はなく、管理人が“時代遅れ”であり、古臭いことを何気に示しているだけであるのだが…
このヘボン式でも訓令式でも同じ「ちょ」と変換されるシステム。
なんだか、どっちでもいいようなこの曖昧な感覚が好きなのである。

これからも、「ちょい若おやじ=tyoiwakaoyaji」という男によるブログにお付き合いいただけたらありがたいなあ、そう思った1000名突破であった。
スポンサーサイト

コメント

おめでとうございます。
訪問者1000名突破おめでとうございます。
溶け合ってのブログ、とっても素敵ですね。これからも訪問させてください。

「自己と他者の境界、国境、男と女、様々な境界には、文字通り「境」「隔たり」があるのではなく、互いに溶け合うような、そんな感覚に魅かれてきた。」

確かに相対的な他者がいて、自己が存在できていくのでしょう。

溶け合うこと、それは、どういうことか?、それも、相対的であり、また、魅かれるかどうかも、相対的。
そんな中、柔軟でありながら、溶け合いながら、核が築かれていく。

素敵です。そして、考えさせられました。若は、包容力のある人ですね。

Re: おめでとうございます。
レインボウさん、コメントありがとうございます。
まだまだ始めたばかりですが、いろいろなことがあって、始めてよかったと思っています。

私の感じるこの感覚は中学時代に出会った小説家の梨木果歩の影響です。
『西の魔女が死んだ』で有名な作家かと思います。


> 溶け合うこと、それは、どういうことか?、それも、相対的であり、また、魅かれるかどうかも、相対的。
> そんな中、柔軟でありながら、溶け合いながら、核が築かれていく。
>
> 素敵です。そして、考えさせられました。若は、包容力のある人ですね。

ありがとうございます!
一体核はどう形成されているのか?
本当に興味深いです。
もしかしたら、この世の中には植物の細胞のように、細胞壁のないような、包容力マスターがいるのかもしれませんね。ちょっと例えが無理やりすぎました…笑
もっと人の話を聞いて、人と会話して、映画や小説とお話して、もっともっと包容力を以てして学んでいきたいですね!
ありがとうございます!
村上春樹
またまた失礼します。
梨木果歩さんですね!読んでみます。

私は、若のコトバは、1Q84の村上春樹氏な感じも受けました。
No title
訪問者1000人到達、おめでとうございます!
これからもよろしくお願いいたします。
Re: No title
つかりこさん、コメント及び祝福のありがたいお言葉ありがとうございます。
かなりの初期段階から当ブログに足を運んでいただいて、つかりこさんがコメントくださるおかげで、ブログが楽しくなったのは間違いないです。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
Re: 村上春樹
レインボウさん、どうぞどうぞ何度でも!
ありがとうございます。

村上春樹氏、実は究極の「食べず嫌い」でまだ読んだことないんですよー。
氏ってそんな感じなんですね。
ベストセラーになったし、今度読んでみましょうかね。

1000hitおめでとうございます
訪問者1000人突破おめでとうございます。

思えば私もFC2でブログを始めた頃は毎日の来訪者が2人以上にならなくて(ーー;)途方に暮れていたことを思い出します(最初は100すら何時になることかと思っていました・・・)

ちょい若おやじさんのところは内容も濃くて更新頻度も多いですし、おそらくあっという間に5000-10000とカウンタは増えていくと思いますよ(^^)

Re: 1000hitおめでとうございます
しろくろShowさん、コメント及び祝福のありがたいお言葉ありがとうございます。

私も当初は途方に暮れていました…笑
本当によくもまあ飽き性の私が一応ここまで続いていると、びっくりしています。
それだけ、映画や書籍が好きだったということでしょうが、おそらく、しろくろShowさんをはじめ、同じブロガーの方々との交流があってこそ続いているように感じます。
これからもよろしくお願いします。

「内容も濃くて」
ありがとうございます。
ドツボにハマることもしばしばですが、そのグルグル含めて見守っていただけたら幸いです。
しろくろShowさんとは野球のお話もしなければならない(←まるで義務のよう???笑)ので、特にCS,日本シリーズ等々については。
楽しみにしていますので、こちらもまたそちらに遊びに行かせていただきます!
1000名突破おめでとうございます
こんにちは 藤狐です
こちらでは初めてコメントさせていただきます。

記事を拝見しまして、幅広いジャンル・時代の映画を観られていて個々の作品に対しての思いが、ひしひしと伝わる素敵なブログだと感じました。

適確にまとまっているレビュー構成にも感銘を受けました。
(私も見習わなければ…(^^;))

よろしければ、これからも訪問させてください。
Re: 1000名突破おめでとうございます
藤狐さん、コメント及び祝福のありがたいお言葉及び初コメありがとうございます!(←「及び」多い!)

藤狐さんの「面白いものロックオン」では、最近交流させていただいていて、楽しい時間を過ごさせていただいているので、こちらにも足を運んでくださって大変うれしく思っています。

> 記事を拝見しまして、幅広いジャンル・時代の映画を観られていて個々の作品に対しての思いが、ひしひしと伝わる素敵なブログだと感じました。

ありがとうございます!
まだまだ観ていない映画もいっぱいありますが、残りの人生でいっぱい出会って、いっぱい感想を抱ければ幸福です。
本当にありがとうございます。

> 適確にまとまっているレビュー構成にも感銘を受けました。
> (私も見習わなければ…(^^;))

いえいえ、めっそうもない!
藤狐さんこそ、あの長文記事から強ーい想いを感じますし、すべてを楽しく読める構成で、こちらこそ勉強させていただきたいですよー^^
私の場合、時として暴走してしまうので、自重の意味を込めて項目立てるようにした感じです…汗

> よろしければ、これからも訪問させてください。
ぜひお願いします!
そして、藤狐さんの琴線に触れる記事があれば過去記事でも未来記事(こんなの観たかい?的な指摘)に向けてでもコメント残してください!!!
こちらも、藤狐さんのところに遊びに行きますので、これからもお話しましょう!

コメントありがとうございますm(__)m
コメントについてはコチラ下部をご覧ください。
記事に対する感想や記事元の映画や書籍に対する感想など大歓迎です。とにかく誹謗中傷や宣伝広告目的でなければ、なんでもOKです。
コメントフォーム最下部の「送信 確認」クリック後のページでも同様の編集はできますので、いきなりクリックしても大丈夫です。

       

管理者のみに表示

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックは原則フリーです。
ただし、自ブログの宣伝目的やトラックバック先との関連性が認められない場合等は削除します。該当ブログ記事がない場合はその関連性を明示してください。
トラックバックについての細かなお願いごとはコチラ下部をご覧ください。

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。