ちょい若おやじの映画と読書の記録

映画と読書の記録をマイペースに更新しています。コメント・リンク・TB原則フリー&大歓迎!詳細はコチラをご覧ください。
"Words can't describe how it feels flying through an aurora. I wouldn't even know where to begin..."

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問者数1000名突破所感及び“tyoiwakaoyaji”

2014.10.06 (Mon)
訪問者数100名到達!の記事を書いたのが8月2日のことだった。
あれから、2か月あまりが経過したが、何か変わったことはあったのだろうか???

まず、一番に感じることは、訪問者の方のおかげでこのブログが続けられていること。
駄文、長文で独りよがりの当ブログ記事を眺めてくれる方がいる、その事実がどれだけありがたいことか。
本当に、ありがとうございます。そしてこれからも当ブログをよろしくお願いします。
続きを読む »

書籍レビュー#3 少年死刑囚 [小説]

2014.10.03 (Fri)

少年死刑囚 (インパクト選書 6)少年死刑囚 (インパクト選書 6)
(2012/04)
中山 義秀

amazon商品詳細を見る

読んだ日:2014年9月29日
[説明]
出版日:2012年4月
著者:中山義秀
解説:池田浩士
発行:インパクト出版会(公式サイト)
初出:
前篇;『別冊文藝春秋』第十四号(1949年12月、文藝春秋新社)にて発表。
後篇;『文學界』第四巻第八号(1950年8月、文藝春秋新社)にて発表。
作品集『少年死刑囚』(1950年11月、文藝春秋新社)に他の小説六篇とともに所収。
*インパクト出版会発行の本書はこの作品集の初版本を底本としている。

出典:本書奥付、本書凡例

[本の帯より]
死刑か、無期か。
翻弄される少年殺人者の心の動きを描き、
刑罰とはなにかを考える。
続きを読む »
« Prev  | HOME | 

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。