ちょい若おやじの映画と読書の記録

映画と読書の記録をマイペースに更新しています。コメント・リンク・TB原則フリー&大歓迎!詳細はコチラをご覧ください。
"Words can't describe how it feels flying through an aurora. I wouldn't even know where to begin..."

社会学 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍レビュー#1 ゴジラ・モスラ・原水爆―特撮映画の社会学 [社会学]

2014.07.22 (Tue)
読んだ日:2014年6月11日

[説明]
2007年11月
せりか書房
好井 裕明

[レビュー]
ゴジラを代表とする50年代の怪獣映画が表出する現代史としてのリアルな原水爆から、モスラを代表とする怪獣映画から失われ始めた原水爆の体験、そして高度経済成長のTV普及による原水爆の体験から完全に遊離した「からかい」を筆者の「観た体験」を根幹において語っている。
単なる映画レビュー、映画からメッセージ性を読み解くという怪獣映画批評とは異なる歴史体験としての物語である。

思いっきり筆者の趣味趣向によって成り立つものであるが、一方で、あくまで体験の中の怪獣映画という視点を語る点において、「現代史」「歴史体験」「啓発の回路」を考える上で抜きにできないものではないだろうか。

「啓発の回路」とは、「平和」というキャッチコピーによって成り立つ、マスコミ、講演会、イベントから日常の「原爆」=「ダメ」という、現代史とは切り離された営みである。

続きを読む »
スポンサーサイト
 | HOME | 

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。