ちょい若おやじの映画と読書の記録

映画と読書の記録をマイペースに更新しています。コメント・リンク・TB原則フリー&大歓迎!詳細はコチラをご覧ください。
"Words can't describe how it feels flying through an aurora. I wouldn't even know where to begin..."

小説 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍レビュー#4 沼地のある森を抜けて [小説]

2014.11.28 (Fri)

沼地のある森を抜けて (新潮文庫)沼地のある森を抜けて (新潮文庫)
(2008/11/27)
梨木 香歩

amazon商品詳細を見る

読んだ日2014年11月27日(4年ぶりくらい。通算3回目?)
[説明]
出版日:2008年12月1日(文庫版) *2005年8月31日(書籍)
著者:梨木香歩
解説:鴻巣友季子
発行:新潮社
本編頁数:500頁

出典:本書奥付
新潮社公式HPより「梨木香歩『沼地のある森を抜けて』」(新潮社)

[裏表紙より]
はじまりは、「ぬかどこ」だった。先祖伝来のぬか床が、うめくのだ―「ぬかどこ」に由来する奇妙な出来事に導かれ、久美は故郷の島、森の沼地へと進み入る。そこで何が起きたのか。濃厚な緑の気息。厚い苔に覆われ寄生植物が繁茂する生命みなぎる森。久美が感じた命の秘密とは。光のように生まれ来る、すべての命に仕込まれた可能性への夢。連綿と続く命の繋がりを伝える長編小説。
続きを読む »
スポンサーサイト

書籍レビュー#3 少年死刑囚 [小説]

2014.10.03 (Fri)

少年死刑囚 (インパクト選書 6)少年死刑囚 (インパクト選書 6)
(2012/04)
中山 義秀

amazon商品詳細を見る

読んだ日:2014年9月29日
[説明]
出版日:2012年4月
著者:中山義秀
解説:池田浩士
発行:インパクト出版会(公式サイト)
初出:
前篇;『別冊文藝春秋』第十四号(1949年12月、文藝春秋新社)にて発表。
後篇;『文學界』第四巻第八号(1950年8月、文藝春秋新社)にて発表。
作品集『少年死刑囚』(1950年11月、文藝春秋新社)に他の小説六篇とともに所収。
*インパクト出版会発行の本書はこの作品集の初版本を底本としている。

出典:本書奥付、本書凡例

[本の帯より]
死刑か、無期か。
翻弄される少年殺人者の心の動きを描き、
刑罰とはなにかを考える。
続きを読む »
 | HOME | 

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。